中古住宅の購入を考える時に注意するチェックポイント!耐震性

  阪神淡路大震災や東日本大震災を経験し、住まいの耐震性は最も重要視されるポイントになっています。中古住宅の耐震性を知る上で大切なポイントは3つあります。 

「建物が建った時期」

「地盤」

「メンテナンスの有無」

  まずは、建設時期ですが「新耐震基準」で建てられた家なら一定以上の耐震性が期待できます。新耐震基準は「1981年(昭和56年)6月1日以降に確認申請がおりた物件」に適用されます。1981年以前に建てられた旧耐震基準の住宅でも、耐震診断・耐震補強をしている物件なら安心です。
  次に地盤ですが

・軟弱地盤ではないのか

・造成地の盛土部分であるか

・液状化しやすいのか

に該当しないかチェックして下さい。
  もしそれらの条件に当てはまる場合は、どのような対策が取ってあるか、過去の地震時の被害状況などを調べましょう。
  建物は建った日から劣化が始まり、古ければ古いほどさまざまな部分で耐震性にも影響が出てきますが、適切な時期に適切なメンテナンスをすることで、それらをカバーすることができます。メンテナンスの時期や内容を記した「家歴書」の有無や内容などをチェックしましょう。ない場合はご自分の目でしっかりチェックしましょう。

・基礎部分に大きなひび割れがないか

・床下換気口はついているか

・家や基礎に傾きはないか

・床下の基礎と土台のつなぎ目がはずれていないか

・床下部分のシロアリの被害や、木が腐ったり欠けたりしていないか

・天井裏の屋根を支える木材がくさっていないか

・内装(クロス)にひび割れがないか

タイトルとURLをコピーしました