中古住宅を購入の流れ|手順|手続き|注意点

不動産購入で失敗しない方法は、手順と流れをしっかりと理解すること

  不動産をご購入する際、何をしたらよいのか分からない状態ではとても不安ですね。なにを最初するべきか!どんな費用がかかるのか?中古住宅の購入の手順、流れ、注意点をしっかりとご理解することが失敗しない方法です。

資金を計画する


  せっかく購入するなら希望するエリアでなるべく安くて築年数が浅い中古住宅がほしいなぁ~。さらに広い庭!日当たりがよくて、そうそう、街並みも綺麗なほうが・・・ このようにみなさん中古住宅を購入するにあたり多くの希望があるかと思います。その希望をカタチにするために、まず一番最初に行うことはそれは『資金を計画』することです。

  • 自己資金はいくらだすのか
  • 住宅ローンを利用する場合は、月々いくらぐらいの返済なら生活する上で支障はないのか

  この部分を行います。
支払いのシュミレーションなど、資金計画のご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


物件探し・現地見学


  資金計画がまとまり、いよいよ購入する物件の情報収集です。今では、インターネットの普及も伴い、多くの情報が溢れています。情報が多い分、いい物件を判断することが難しいのも現状です。この物件どうだろう!?耐震性は問題ないかな!?構造は大丈夫!?!安すぎるけど何かあるのかな!? と思ったらご自分で解決せず、当社、スタッフにご相談ください。当社には建築を専門とするスタッフ(建築士・リフォーム相談員)が、プロの視点からアドバイスさせて頂きます。さらに、希望のエリアの物件もお探しします。
※ 現地見学は事前に予約が必要となる物件があります。お問い合わせ下さい。


買い付け証明書を書く


  実際に物件を見学し、ご検討いただき、最終的に購入する物件が決まりましたら、まずは、購入申込書(買付け証明書)を記入します。不動産売買契約の手続き、日時などの細かいご説明をします。この買い付け証明書とは「この中古住宅を買います」という意思表示のために不動産購入申込書を書きます。買付証明書には以下のことを記入します。

○買い付け証明書の日付けを記入
○契約予定日を記入
○引渡し希望日を記入
○手付金および売買代金の支払い時期の記入
○購入する金額を記入
○住宅ローンを利用するのか?しないのか?
○購入する方の住所・氏名を記入
○購入する物件の所在地を記入
○捺印をする

住宅ローンを使用せず、自己資金のみを希望の方は「ステップ5へお進みください」

◎売主さんに報告・検討をする

当社スタッフが買付証明書を売主さんに提出する
○契約予定日      ○引渡し希望日
○手付金および売買代金の支払い時期      ○購入金額
について検討します。


住宅ローンの事前審査申し込み


  住宅ローンの事前審査を金融機関に申し込みます。手続き・サポートをご希望の方は当社スタッフがお手伝いいたします。

用意する書類は
○前年分の源泉徴収票      ○免許証の表裏コピー
○健康保険証のコピー      ○印鑑

基本的にはこれだけです。金融機関へ事前審査の申し込みをすると、1週間以内には、審査結果が出ます。OKとなると、いよいよ契約の準備です。


不動産売買契約


  売買契約の前に宅地建物取引主任士の資格を持つ当社のスタッフが、物件についての重要事項説明を行い、その後、不動産売買契約の締結をします。

不動産売買契約の際に必要なもの
○印鑑      ○印紙代      ○手付金

住宅ローンのお申し込み


  必要な書類を揃えた上で、お借入する住宅ローンのお申し込み手続きとなります。

住宅ローン申込み手続きの際に必要なもの
○実印      ○印鑑証明
○収入証明書      ○売買契約書・重要事項説明書

残金支払いと物件のお引渡し


  ローン契約後、残金の支払い(売買代金の残額・司法書士に支払う報酬・仲介手数料の残額など)諸手続きが完了しますと、購入された物件の引渡しとなります。当社のスタッフが最後まで責任を持ってサポートします。


引越し


    全ての手続きが完了しますとご入居となります。 ご希望により引越し業者もご紹介いたします。


タイトルとURLをコピーしました